サッカー観戦ツアー フィギュアスケート観戦ツアー ラグビー観戦ツアー テニス観戦ツアー
ティフォージメールマガジン
セリエA
プレミアリーグ
リーガエスパニョーラ
ブンデスリーガ
チャンピオンズリーグ
ワールドカップ2014
ユーロ2016
サッカー日本代表
リーグ・アン
年間スケジュール
FIFA最新ランキング
スタジアムを楽しむ
送迎&観光オプション
オリジナルハネムーンプラン
観戦ツアーがお得になるソシオJ!登録無料!
日本代表応援クラブ!観戦ツアー情報をいち早くお届け!登録無料!
スカパー!

ワールドサッカーダイジェスト最新号
ワールドサッカー
ダイジェスト
当社広告掲載誌


スポルティーバ
S.C.エディトリアル
ロンドンでグッズ買うならサッカーシーン スペイン最新情報のNOVAJIKA AIUの海外旅行保険

スタジアムを楽しむ

スタジアムを楽しむ エンニオ・タルディーニ


エンニオ・タルディーニ
■スタジアムデータ
スタジアム名
エンニオ・タルディーニ
ホームチーム
パルマ(イタリア)
オープン
1913年
収容人数
28,783人
エンニオ・タルディーニエンニオ・タルディーニ

 普通サッカーを生で観戦するなら、やっぱりエキサイティングにゲ−ムを堪能したいと思うものだ。だから、当然その“ハコ”であるスタジアムは、より興奮度を増してくれる雰囲気・環境が好ましい。バルセロナのカンプ・ノウにしても、マンチェスターのオールド・トラッフォードにしても、その意味では超一級品だと言える。しかし、興奮度ばかりがサッカースタジアムのすべてではない。たとえばイタリアの田舎街パルマにある「エンニオ・タルディーニ」は、これまで紹介したスタジアムとは明らかに一線を隔している。

 一言で言えば、長閑なスタジアム。しかしパルマの街にはこの上なくフィットする佇まい。それが、エンニオ・タルディーニの魅力だと私は思うのだ。ミラノから列車で約1時間の距離にあるパルマ駅から徒歩で約30分。この距離なら、普通はタクシーかバスを利用する。しかし、パルマに限っては30分の徒歩も気にならない。街に、そんなゆったりとした時間が流れているからだ。

 そして名物の自転車。試合当日、パルマサポーターはせっせと自転車を漕いでスタジアムに向かう。そんな場面を見ると、街のサッカークラブの本質を見たような気がして、すごく安心してしまうのだ。収容わずか29,000人の小さなスタジアムは、そんな長閑さを大切にした珍しい“ハコ”だと思う。

 サン・シーロで試合を観た翌日などは、エンニオ・タルディーニがやけに懐かしく思ったりする。私が、この小さなスタジアムに足を運ぶ機会が多いのも、そんな独特の雰囲気に浸ってみたいからに他ならない。それも、サッカー観戦のもう一つの醍醐味であり、スタジアムの魅力だと思う。
Text by Atsushi Nakayama

<<戻る